パハットノート

※当サイトではGoogleアドセンス広告を利用しています

Python BeautifulSoupの基本(タグの作成、HTMLファイルの作成など)



基本

インポート

import bs4



soupオブジェクト

作成したsoupオブジェクトを利用して色々編集していく。

import bs4

soup = bs4.BeautifulSoup('', 'html.parser')





タグ

作成

soup.new_tag('タグ名')によりタグを作成していく。

import bs4

soup = bs4.BeautifulSoup('', 'html.parser')

#pタグの作成
p_tag = soup.new_tag('p')

print(p_tag)


実行結果

<p></p>



タグ内への文字の追加

soup.stringに代入することでタグ内の文字列を指定できる。

import bs4

soup = bs4.BeautifulSoup('', 'html.parser')

#pタグの作成
p_tag = soup.new_tag('p')

#文字の記述
p_tag.string = 'Hello World!'

print(p_tag)


実行結果

<p>Hello World!</p>



クラスの指定

soup['class'] = クラス名によりクラス名を指定できる。

import bs4

soup = bs4.BeautifulSoup('', 'html.parser')

#pタグの作成
p_tag = soup.new_tag('p')

#クラス指定
p_tag['class'] = 'test'

print(p_tag)


実行結果

<p class="test"></p>





ファイル出力

soupオブジェクトへのタグ追加

基本的にはsoupにタグをまとめる⇒soupを出力とするのがよい。
そのため、soup.append(タグ)によりsoupにタグを追加する。

import bs4

soup = bs4.BeautifulSoup('', 'html.parser')

#pタグの作成
p_tag = soup.new_tag('p')
p_tag['class'] = 'test'

#soupへ追加
soup.append(p_tag)

print(soup)


実行結果

<p class="test"></p>



ファイル出力

with open関数あたりで出力する。

import bs4

soup = bs4.BeautifulSoup('', 'html.parser')

#pタグの作成
p_tag = soup.new_tag('p')
p_tag['class'] = 'test'

#soupへ追加
soup.append(p_tag)

with open('sample.html', mode='w') as f:
    f.write(str(soup))