パープルハット

※当サイトではGoogleアドセンス広告を利用しています

C++ vector 条件に一致する要素数(count, count_if)



std::count(一致する要素数を取得)

std::countとは?

  • 指定した要素と一致する要素の個数を調べられる関数です。
  • 一致する要素なので、"偶数"や"5以上の数"などの指定の仕方はできません。
  • 参照:count - cpprefjp C++日本語リファレンス
  • 引数、返り値を以下に示す。
第一引数 配列の先頭イテレータ
第二引数 配列の末尾イテレータ
第三引数 値n
返り値 nと一致する要素数



std::countの使用例:vector内の「2」の個数を調べる

ソースコード

#include <algorithm>
#include <iostream>
#include <vector>

int main() {
    std::vector<int> v = { 2, 3, 4, 6, 2, 7 };

    // v内の「2」の個数を調べる
    int count = std::count(
        v.begin(),
        v.end(),
        2
    );
    std::cout << "2の個数: " << count << std::endl;
}

実行結果

偶数の要素数: 3





std::count_if

std::count_ifとは?

  • 指定した条件を満たす要素の個数を取得できる関数です。
  • countと異なり「偶数の個数」などのように条件を満たす要素数を取得できます。
  • 参考サイト:count_if - cpprefjp C++日本語リファレンス
  • 引数、返り値を以下に示す。
第一引数 配列の先頭イテレータ
第二引数 配列の末尾イテレータ
第三引数 条件式(ラムダ式)
返り値 条件式を満たす要素数




使用例1:偶数の個数を取得

ソースコード

#include <algorithm>
#include <iostream>
#include <vector>

int main() {
  std::vector<int> v = { 2, 3, 4, 6, 7};

  // 「a」を含む文字が何個あるか調査
  auto count = std::count_if(
    v.begin(), 
    v.end(), 
    [](int a) { 
      return (a % 2 == 0); 
    }
    );
  std::cout << "偶数の要素数: " << count << std::endl;
}

実行結果

偶数の要素数: 3


使用例2:「a」を含む文字列の数を取得

ソースコード

#include <algorithm>
#include <iostream>
#include <vector>

int main() {
  std::vector<std::string> v = { "and", "on", "at", "between", "of" };

  // 「a」を含む文字が何個あるか調査
  auto count = std::count_if(
    v.begin(), 
    v.end(), 
    [](std::string s) { 
      return (s.find('a')!=std::string::npos); 
    }
    );
  std::cout << "「a」を含む文字の数: " << count << std::endl;
}

実行結果

「a」を含む文字の数: 2