ミドリ黄のプログラミングメモノート

主にUnity(C#)を中心としたプログラムの備忘録

Word 数式における行列・ベクトルの表示





行列の表示方法

\matrix(1&2@3&4)」と入力して、エンターキーを押すと次の行列が表示できます。

\begin{matrix}
1 & 2 \\  
3 & 4
\end{matrix}

&により列の要素を追加、@により行を追加することができます。



括弧を付けたい場合は通常の数式と同様に
(\matrix(1&2@3&4))
として括弧を付けるか、matrixの前にpをつけて
\pmatrix(1&2@3&4)
とすればよいです。

どちらの場合でもこのように表示されます。

\begin{pmatrix}
1 & 2 \\  
3 & 4
\end{pmatrix}




使用例①(3行4列の行列を表示)


\begin{pmatrix}
1 & 2 & 3 & 4 \\  
5 & 6 & 7 & 8 \\  
9 & 10 & 11 & 12
\end{pmatrix}

という行列を表示する場合は
\pmatrix(1&2&3&4@5&6&7&8@9&10&11&12)
と入力します。




使用例②(行ベクトル表示)


\begin{pmatrix}
1 & 2  
\end{pmatrix}
というベクトルは2行1列の行列とみなせるので、
\pmatrix(1&2)
と入力することで表示できます。




使用例③(列ベクトル表示)


\begin{pmatrix}
1 \\ 2  
\end{pmatrix}
というベクトルは1行2列の行列とみなせるので、
\pmatrix(1@2)
と入力することで表示できます。