ミドリ黄のプログラミングメモノート

主にUnity(C#)を中心としたプログラムの備忘録

Windows11 ペイント3Dを使ってドット絵を描く





概要

Windows11では標準搭載されている「ペイント3D」を用いたドット絵の描き方を紹介します。
外部ツールなどをダウンロードする手間がないためオススメです




手順

①ペイント3Dを立ち上げ

検索窓などで「ペイント3D」と入力してソフトを立ち上げます。


立ち上げたら「新規作成」を選択します。


②キャンパスの設定

ウィンドウの上側に表示されているメニューバーから「キャンパス」を選択します。


選択したら画面右側の設定を行います。
今回は背景を透明色にしたかったので「透明なキャンパス」を選択し、「キャンパスのサイズ変更」から「幅」と「高さ」を設定します。


このときキャンパスの画面表示が小さかったらマウスホイールで画面を拡大します


③ブラシの設定

次にメニューバーから「ブラシ」を選択します。


選択したら右上でブラシの設定ができるので「ピクセルペン」を選択します。
更に、「太さ」を「1ピクセル」に設定します。



④色の調整

色を変えたいときはブラシの設定の下にあるこのパネルを選択します。


選択するとこちらの画面が表示されるのでうまく設定をして自分の好みの色に調整します。



⑤描画

画面をクリックして好きなように描画します。
私はこんな感じのよくわからないものを作成しました。



⑥保存

「Ctrl」と「S」を同時に押すと保存するフォルダを選択する画面が表示されます。
このときファイルの形式を「png」にしないと透明な部分が白くなってしまうので注意しましょう。